2015.08.17

藤沢市、藤沢市保健医療財団と主催する市民講座「いきいき健康ライフ!第2弾」のお知らせ(2015年9月10日 (木)14:00~16:00)

 

この度、慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科、藤沢市、公益財団法人藤沢市保健医療財団は、掲題の市民公開講座を9月10日(木)に開催いたします。

高齢化が加速する日本では、政府の健康・医療戦略において健康寿命を今より1年以上延ばすことが目標とされるなど、身体活動への注目度が高まっています。身体活動とは、スポーツ・運動のみならず、仕事、移動、家事・子育て、余暇などのすべての動きを指します。一方、認知症予防も重要な課題です。現在高齢者の4人に1人は認知症やその予備軍であるといわれています。高齢化の進展により、さらにその率は増大していきます。

私たちは「プラス・テン(あと10分多く身体を動かそう)」をキーワードに、皆で身体を動かす場作りを応援しています。

本講座では、認知症予防に大切な生活習慣についての特別講演、および+10(プラス・テン)の活動、取り組みについてご紹介致します。ぜひ、万障お繰り合わせのほどご参加賜りたくご案内申し上げます。

日時

2015年9月10日(木) 14:00~16:00 (開場13:30)

会場

藤沢市民会館小ホール

 251-0026 神奈川県藤沢市鵠沼東8-1

プログラム 

●特別講演「身体を動かして健康寿命をのばそう!」 丈夫な身体と頭を保つために

国立研究開発法人医療基盤 健康・栄養研究所  健康増進 研究部部長 宮地 元彦先生

●+10(プラス・テン)の活動・取り組み紹介

 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター

大学院健康マネジメント研究科 准教授 小熊 祐子先生

藤沢市保健医療財団健康運動指導士

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員 齋藤 義信先生

詳細はこちらをご覧ください

 

本件に関するお問い合わせ先

慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科:0466-49-6265(土日祝日を除く9:15~16:50