修了後の進路

 本研究科修了後の主な進路としては、看護・保健・医療・福祉・公衆衛生に関連する企業や施設、機関などへの就職と、研究者を志望しての後期博士課程への進学があります。たとえば、金融機関実務経験者の医療機関への就職や、新しい領域における起業など、それまでの経験と、本研究科で修得した基礎的・総合的な健康マネジメントに関する知識を融合させ、出身学部や前職からは従来想定されていなかった分野に進む新たなキュアリアの創造が可能になるのも、本研究科の特色です。

修了生の主な進路

看護学専修

大学教員、病院(看護師)、病院(助産師)、自治体(保健師)

医療マネジメント専修

金融系シンクタンク、医療系研究機関、医療経営コンサルティング会社、情報・ネットワークサービス会社、生命保険会社、製薬会社、食品メーカー、新聞社、証券会社、病院団体、県教職員(特別支援学校教員)、高齢者ケア施設経営、薬局(薬剤師)、医科大学(事務部門)、病院(医療安全部門・事務部門)、病院(医師・看護師・ソーシャルワーカー・理学療法士等)

スポーツマネジメント専修

大学教員、中学校教員、小学校教員、地方公共団体職員(行政職、保健師)、銀行、生命保険会社、総合商社、広告会社、経営コンサルティング会社、ITサービス会社、人材サービス会社、新聞社、スポーツ用品流通販売会社、スポーツ統括団体、フィットネスクラブ(事務職、理学療法士)