修了要件

image6.jpg

ディプロマ・ポリシー

修士課程

修士論文または特定の課題についての研究成果である課題研究論文の審査および最終試験により判定されます。

後期博士課程

毎年度中間審査会において必要な指導・助言を受けると共に進歩の確認・審査を受け、博士学位論文の審査ならびにこれに関連する試験等によって、博士の学位を取得するにふさわしいか判定されます。

修了要件

修士課程

2年以上在学し(休学期間を除く)、所定の授業科目を30単位以上修得し、修士論文または課題研究論文(インターンシップ)の審査および最終試験に合格すること。なお、看護学専修の専門看護師(CNS)プログラムについては、別に定める。

後期博士課程

後期博士課程に3年以上在学(休学期間を除く)し、所定単位(特論科目4単位、合同演習科目6単位以上の計10単位以上)を修得し、かつ研究上必要な指導を受けたうえで博士論文の審査および最終試験に合格すること。