委員長メッセージ

あらゆる人々に健康をもたらし、医療・ケアの質の向上を先導する

健康からケアに至る幅広い課題の解決には、背景の異なるさまざまな人々が集まり、ともに学びともに教えあう中から、新たな解決策を見出し、自ら実践していくことが必要です。
 
健康マネジメント研究科は、2つの専攻(看護学専攻、公衆衛生・スポーツ健康科学専攻)、5つの学位プログラム(看護学、同専門看護師、公衆衛生学、医療マネジメント学、スポーツマネジメント学)を有し、「学際的教育の重視」、「実務と研究の融合の重視」、「実証的研究方法の重視」という3つのポリシーに基づく授業を提供しています。とりわけ、総合大学としての強みを活かした幅広い領域にわたる科目の提供と指導教員の存在は本研究科の強みであり、基礎力・分析力の習得からイノベーションを生み出す専門性の獲得まで、高いレベルでの教育、研究、社会活動に向き合うことが可能です。
 
医療系・非医療系の出身学部を問わない多様な背景の学生の中には、自らの実務の中で課題を発見し高い問題意識を持つ者も多く、こうした皆さんが学びやすいよう、多くの授業は、新装なった大学病院のある信濃町キャンパスで開講されています。
 
慶應義塾がもつ総合力を最大限に活かし、健康、医療、ケアの質の向上を先導する取り組みを続ける健康マネジメント研究科は、志ある皆さんをお待ちしています。
健康マネジメント研究科委員長 武林 亨

健康マネジメント研究科
委員長
 武林 亨