3つの方針

 

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

修士課程では、所定の期間以上在学し(休学期間を除く)、所定の単位を修得し、中間発表の実施、修士論文または特定の課題についての研究成果である課題研究論文の審査および最終試験に合格した学生に修士学位が付与されます。学位審査は、主査(指導教員)と副査(2ないし3人)で構成される審査委員会によって行われます。

後期博士課程では、所定の期間以上在学し(休学期間を除く)、所定の単位を修得し、毎年度中間審査会において必要な指導・助言を受けると共に進歩の確認・審査を受け、博士学位論文の審査および最終試験によって、博士の学位を取得するにふさわしいか判定されます。学位審査は、主査(指導教員除く)と副査(2ないし3人、指導教員も可)で構成される審査委員会によって行われます。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

看護学専修(CNSプログラム含む)、医療マネジメント専修、スポーツマネジメント専修、公衆衛生プログラムから成る本研究科は、各専修・プログラムが相互に有機的に影響し合い、柔軟に連携して常に新しい学問領域を切り開きながらホリスティックに発展することを目指して、次のような方針を掲げています。

  • 学際的教育の重視
    多様な背景・専門の学生を受け入れている本研究科は、学生が互いの視点と言語を共有し、活発な議論を通じて切磋琢磨する、協働を通じて学ぶ環境を整えています。それゆえ、特定分野・領域の専門科目だけを履修するのではなく、様々な専門科目を履修することで視野を拡げ、社会の健康水準の向上に貢献できる基礎的能力を培うことを重視しています。
  • 実務と研究の融合の重視
    本研究科では、実務と研究を融合させた教育を重視しています。実践を通じて得られたデータを体系化することで理論を構築し、理論的枠組みを用いて現場の課題解決を図り、さらに現場からフィードバックされたデータをもとに既存理論を検証し修正する、実務と研究が相互に行き来する一連のプロセスを理解するために、本研究科ではインターンシップの機会が用意されています。
  • 実証的研究法の重視:
    保健・医療・福祉のいずれの領域においても、限られた資源を効率的に活用して効果的な成果をあげるためには、個人や集団を問わず、臨床的な合理性と経済的な合理性の両立が求められます。そのため、本研究科は、勘や経験に頼るのではなく、エビデンスに基づく合理的意思決定に必要とされる実証的な分析手法の修得を重視しています。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本研究科は学際的・先進的分野の研究科として、医療系・非医療系の出身学部を問わず多様な背景の学生を幅広く受け入れることを目指すとともに、学部の新規卒業者だけでなく、実務経験者を含む既卒者も対象とすることで、教育・研究水準の向上と広がりを目指しています。

そのため、入学者選抜については、学力試験による選考にのみ偏ることなく、入学希望者の本研究科における学習研究への意欲、それに適応できる能力、適性等も踏まえて、多面的に判定することとしています。