がん看護分野Cancer Nursing

がん患者に関する看護実践開発研究
高齢者、超高齢者に関する研究

教員構成

矢ヶ崎 香

矢ヶ崎 香

Kaori Yagasaki

E-Mail:yagasaki[at]sfc.keio.ac.jp※[at]を@に変換してください

分野の研究テーマ

研究については、慢性病の中でも治療期にあるがん患者(がんサバイバー)を対象に、がん薬物療法に伴う副作用症状(皮膚障害、末梢神経障害など)に関する研究、服薬アドヒアランス研究、近年はがん高齢者のフレイルに関する研究に取り組んでいます。また、国際がん看護学会と日本がん看護学会との国際共同研究「たばこゼロプロジェクト」においても共同研究者として推進しています。本学は総合大学である強みから健康マネジメント研究科、医学部や理工学部など多様な専門をもつ研究者と共同し、地域在住高齢者に関する歩行と転倒に関する縦断研究や超高齢者研究、百寿者研究やデバイスを用いた研究など社会や医療の変化に応じて、先駆的に取り組んでいます。

がん薬物療法を受ける高齢者のフレイル予防:縦断研究によるハ-モニーケアモデル開発(基盤研究B(2019~2022))

経口分子標的治療のがん患者イニシアチブ皮膚障害予防・管理プログラムの実用性(基盤研究B(2015~2018))

修士課程

乳がん患者の化学療法誘発性末梢神経障害と身体活動および生活の質の関連
子宮頸がん患者の就労実態―就労と自尊心、自己効力感、機能障害の関連
抗がん剤変更時における高齢消化器がん患者のフレイルおよびQOLの関連
ホルモン療法を受ける乳がん患者の服薬アドヒアランス改善のための介入及び関連要因:システマティックレビュー、など

博士課程

化学療法によるがん患者の味覚変化に関する研究

研究キーワード
がん患者、高齢者、Quality of Life、セルフケア、がん薬物療法、服薬アドヒアランス、フレイルなど

分野の紹介

本分野は修士論文コースとがん看護専門看護師コースの2つのプログラムがあります。

1)修士論文コース

本コースでは、がん患者・家族およびがん医療・看護の特徴を理解し、専門的ながん看護に必要な概念・理論および看護介入モデルを学び、実践および研究への適用について探究します。また、Evidence-based practiceに基づき、がん看護の実践・研究に関する現状と課題を分析・統合し、実践開発研究に資する能力を養います。

2)がん看護専門看護師コース

本コースでは、がん患者・家族およびがん医療・看護の特徴を理解し、専門的ながん看護に必要な概念・理論および看護介入モデルを学び、また、Evidence-based practiceに基づき、がん看護の課題を分析および実践への適用方法について探究します。併せて、がん看護の高度実践看護師の役割・機能に資する実践能力を養うとともに、自律して行える能力を養い、リーダーシップを発揮できる専門看護師の養成を目指します。
また、本コースでは、「未来がん医療プロフェッショナル養成プラン」事業を推進しており、「高度がん医療人材の養成」「ライフステージに応じたがん対策を推進する人材の養成」に取り組んでいます。ゲノム医療に関する医学研究科の講義を聴講することができます。

主な論文

  • Komatsu H, Yagasaki K, Sato Y, et al. Evaluation of the Japanese Version of the Cancer Survivors' Unmet Needs Scale. Asia Pac J Oncol Nurs, 2020;7(2):167-173. doi: 10.4103/apjon.apjon_49_19.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Oguma Y, et al. The role and attitude of senior leaders in promoting group-based community physical activity: a qualitative study. BMC Geriatr, 2020;20(1):380. doi: 10.1186/s12877-020-01795-2.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Yamaguchi T, Mori A, Kawano H, Minamoto N, Honma O, Tamura K. Effects of a nurse-led medication self-management programme in women with oral treatments for metastatic breast cancer: A mixed-method randomised controlled trial. Eur J Oncol Nurs, 2020;47:101780. doi: 10.1016/j.ejon.2020.101780.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Komatsu Y, Yamauchi H, Yamauchi T, Shimokawa T, Doorenbos A.Z. Falls and Functional Impairments in Breast Cancer Patients with Chemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy. Asia Pac J Oncol Nurs. 2019;6(3):253-260. doi: 10.4103/apjon.apjon_7_19.
  • Yagasaki K, Takahashi H, Ouchi T, Yamagami J, Hamamoto Y, Amagai M, Komatsu H. Patient voice on management of facial dermatological adverse events with targeted therapies: a qualitative study. J Patient Rep Outcomes, 2019;3(1):27. doi: 10.1186/s41687-019-0116-3.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Yamauchi H. Fertility decision-making under certainty and uncertainty in cancer patients. Sex Reprod Healthc. 2018;15:40-45. doi: 10.1016/j.srhc.2017.12.002.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Kida H, Eguchi Y, Niimura H. Preparing for a paradigm shift in aging populations: listen to the oldest old. Int J Qual Stud Health Well-being. 2018;13(1):1511768. doi: 10.1080/17482631.2018.1511768.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Hamamoto Y, Takebayashi T. Falls and Physical Inactivity in Patients with Gastrointestinal Cancer and Hand-Foot Syndrome. Asia Pac J Oncol Nurs, 2018;5(3):307-313. doi: 10.4103/apjon.apjon_8_18.
  • Yagasaki K, Komatsu H, Soejima K, Naoki K, Kawada I, Yasuda H, Hamamoto Y. Targeted Therapy-induced Facial Skin Toxicities: Impact on Quality of Life in Cancer Patients. Asia Pac J Oncol Nurs, 2018;5(2):172-177. doi: 10.4103/apjon.apjon_74_17.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Hirata K, Hamamoto Y. Unmet needs of cancer patients with chemotherapy-related hand-foot syndrome and targeted therapy-related hand-foot skin reaction: A qualitative study. Eur J Oncol Nurs. 2019;38:65-69. doi: 10.1016/j.ejon.2018.12.001.
  • 矢ヶ崎 香, 小松 浩子, 森 明子. 若年乳がん女性のがん治療と妊孕性の意思決定支援に対する看護師の認識. 日本生殖看護学会誌, 2017;14(1) : 21-29.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Saito Y, Oguma Y. Regular group exercise contributes to balanced health in older adults in Japan: a qualitative study. BMC Geriatr. 2017;17(1):190. doi: 10.1186/s12877-017-0584-3.
  • Komatsu H, Yagasaki K, Yamauchi H, Yamauchi T. Patients' Perspectives on Creating a Personal Safety Net During Chemotherapy. Clin J Oncol Nurs, 2016 Feb;20(1):13-6. doi: 10.1188/16.CJON.13-16.
  • 矢ヶ崎 香. 経口抗がん薬治療を受ける再発・転移性乳がん患者の服薬に関する経験. 日本がん看護学会誌, 2016; 30(2):81-89.
  • Yagasaki K, Komatsu H, Takahashi T. Inner conflict in patients receiving oral anticancer agents: a qualitative study. BMJ Open. 2015 Apr 14;5(4):e006699. doi: 10.1136/bmjopen-2014-006699.

修了生の進路

看護大学教員、がん看護専門看護師、博士課程進学など

メッセージ

がん看護分野では、修士論文コースとCNSプログラムの大学院生が互いに切磋琢磨しながら有機的に学び合うことができます。大学院における教育、研究や実践を通して、研究者あるいはがん看護専門看護師として自律できるよう、知識、技術、態度となる基盤を養うことを大切にしています。一緒に学びましょう。