公衆衛生看護分野Public Health Nursing

住民主体の公衆衛生看護の提供に向けた研究
ー実装まで視野に入れた研究の展開

教員構成

田口 敦子

田口 敦子

Atsuko Taguchi

E-Mail:ataguchi[at]sfc.keio.ac.jp※[at]を@に変換してください

石川 志麻

石川 志麻

Shima Ishikawa

加藤 由希子

加藤 由希子

Yukiko Kato

Website:https://keio-comnurse.jp

平野 優子

平野 優子

Yuko Hirano

赤塚 永貴

赤塚 永貴

Eiki Akatsuka

分野の研究テーマ

過去の修士論文のテーマ
挙児希望のない人における妊孕性知識の関連要因の検討
―妊娠適齢期の男女差に焦点をあてて―

低出生体重児を持つ高齢初産の母親の生活上の困難と対処
―子と生活を始めて2週間頃に焦点をあてて― 等

研究キーワード
住民主体、住民組織、公衆衛生看護、保健師、援助要請

分野の紹介

当分野では下記の研究に取り組んでいます。
下記にない研究テーマは、大学院生の関心に応じて教員も共に学び、適切な指導体制を組むことを心がけています。

健康増進に寄与するソーシャルキャピタル醸成の促進方法に関する研究

  • 健康増進にかかわる住民組織に関する研究

サービスにアクセスしにくい人への支援に関する研究

  • 援助要請しない対象者への新たなアプローチ方法の開発
  • 高齢者の援助要請
  • 外国人労働者の援助要請
  • 外国人介護労働者の健康支援
  • 災害時要援護者支援に関する研究
  • 児童虐待予防に関する研究
  • 人工呼吸器を装着したALSとともに生きる人々の病い経験に関する縦断研究
  • レジリエンスモデルに関する研究
  • 超高齢期の健康とQOLに関する研究

当事者目線の地域包括ケアシステムの推進方法の開発

  • 外来における在宅療養支援のあり方に関する研究
  • 医療的ケア児と家族のQOL向上に向けた多職種連携のあり方
  • 地域・職域連携による小規模事業場のメンタルヘルス対策

住民の生活健康支援に向けたICTの活用方法の開発

  • 地域の文化に根差した生活支援のためのICTの活用可能性の検討
  • 互助促進に向けた支援者と被援助者のマッチングシステムの開発

保健師活動に必要な公衆衛生看護技術の開発

  • 外部委託を活用する保健師の技術開発
  • 公衆衛生看護における事業評価技術の体系化

公共性に基づく最善な選択の追求

  • 公衆衛生看護における公共哲学の教授方法の開発
  • ワクチン忌避に関する研究

主な論文

  • Taguchi A, Murayama H, Ono K: Association between Japanese community health workers' willingness to continue service and two categories of motives: altruistic and self-oriente. PLoS ONE, 2021 doi:10.1371/journal.pone.0220277
  • 佐々木美瑠,田口敦子,松永篤志,山内泰子、山内悦子,永田智子:外来での在宅療養支援カンファレンスの実施に向けた体制づくりのプロセス.日本医療マネジメント学会雑誌, 22(2), 88-94 2021
  • 伊藤海, 村山洋史,田口敦子, 大森純子.豪雪地帯農村部において生活支援の担い手となる意向を持つ高齢者の特性.日本公衆衛生雑誌,67(12),860-870,2020
  • Murayama H, Taguchi A, Spencer MS, Yamaguchi T. Efficacy of a community health worker-based intervention in improving dietary habits among community-dwelling older people: A controlled, cross-over trial in Japan. Health Education & Behavior. 47(1):47-56,2020 doi: 10.1177/1090198119891975.
  • 伊藤海, 田口敦子, 松永篤志, 竹田香織, 村山洋史,大森純子. 「互助」の概念分析. 日本公衆衛生雑誌,67(5),334-343,2020
  • Susumu Fukita, Hiromi Kawasaki, Satoko Yamasaki: Effects of a Stress Management Program Based on Psychological Risk Factors of Cardiovascular Disease after Retirement in an Underpopulated Area: A Pilot Study. Health, 10, 1107-1119, 2018

修了生の進路

市町村・都道府県自治体、国、企業、大学、研究所等

メッセージ

研究テーマがはっきりしない... 講義についていけるか...?学費が高いのでは...?など、様々な心配があると思います。少しでも興味を持った方は気軽にお問合せください!ゼミの見学もできます。分野員一同、心よりお待ちしています。
本学では保健師免許の取得はできませんが、行政保健師、産業保健師のブラッシュアップができるプログラムも用意できます。少しスキルアップしてみたい人や、病院看護師を数年した後に方向転換したい人など、どうぞご活用ください。